ニキビ薬 上手に使ってキレイになろう

ニキビ薬にはどんな成分が使われていて、どんな効果があるのでしょうか?ニキビに効く有効成分を毎日のケアに取入れるには、医薬部外品の化粧品を使いましょう。医薬部外品のおすすめ化粧品はコレです。

ニキビ薬 上手に使ってキレイになろう > ニキビ薬の成分と医薬部外品

ニキビ薬にはどんな成分が使われていて、どんな効果があるのでしょうか?ニキビに効く有効成分を毎日のケアに取入れるには、医薬部外品の化粧品を使いましょう。医薬部外品のおすすめ化粧品はコレです。

ニキビ薬の成分と効果

ニキビ薬は、現在できているニキビの状態を改善し、更にニキビが出来にくい肌にするために使用します。このニキビ薬に期待されている効果は大きく分けて3つあります。
①できているニキビの炎症を鎮める②毛穴の角栓を溶かして毛穴に脂肪が溜まりにくくする③皮脂の分泌を抑える

ニキビが炎症してしまっている場合は、自分でいじらずに病院の皮膚科で抗生物質を処方してもらうのがベストですが、自宅でニキビのケアをしたい人は、普段のお手入れにニキビ薬の有効成分が含まれた医薬部外品の薬用化粧品を取り入れることをお勧めします

ニキビ薬や薬用化粧品などに含まれるおもな有効成分には、次のような効果があります。

グリチルリチン酸ジカリウム

消炎作用があり昔から漢方に使わていた成分です。現在は口内炎や喉の炎症止めの薬にも使われている他、さまざまなニキビ薬や化粧品に使われています(同じ成分で別名がいくつかあります)。

イオウ

殺菌作用と皮脂を抑制する作用があり昔からニキビ薬に配合されています。ただ、脱脂力がありすぎるので乾燥して肌がピリピリしたりの副作用も。思春期のニキビ以外は使わないほうが良いようです。

サリチル酸

解熱作用・鎮痛作用がありますが、おもに角質を溶かすピーリング作用のために処方されています。ピーリング作用が強いと肌が乾燥してしまうので肌の弱い人、乾燥肌の方は注意が必要です。

ビタミンC誘導体

皮脂抑制作用、抗炎症作用など。壊れやすいビタミンCを安定して肌の奥まで届くようにしたものです。医療用に使われるのは高濃度ビタミンC誘導体(濃度5%以上)です。根本からニキビのできにくい肌にしてくれるので、ニキビ肌の改善には特におすすめしたい成分です

ニキビ薬の成分が入った薬用化粧品

NOV ノブ
NOV ノブ
価格 1,500円(税別)
送料無料
容量 7日分
有効成分 サリチル酸
ビタミンC誘導体

NOV ノブは美白もできる薬用化粧品。臨床皮膚医学に基づいて処方されたNOVは敏感肌の人でも安心して使える化粧品。医師にも信頼されているNOVは皮膚科にも置いてあり、ニキビ薬を使用していても効果の邪魔をしません。

ビーグレン
ビーグレン
価格 1,800円(税別)
送料無料
容量 7日分
有効成分 グリチルリチン酸
ジカリウム・ビタミンC誘導体

ビーグレンは最新医療の浸透技術で有効成分を肌の奥の奥まで届けます。医薬品レベルの高濃度ビタミンC誘導体(濃度7.5%)がニキビ肌を健康な状態に導きます。肌を根本から改善したい人に

オルビス クリア
オルビス クリア
価格 1,200円(税別)
送料無料
容量 3週間分
有効成分 グリチルリチン酸2K

和漢生薬を使ったオルビスのクリアシリーズ。口コミサイトでもランキング入りの人気商品です。周期的に現れる大人ニキビと肌のバリア機能に着目した化粧品。ニキビの予防実感90% 敏感肌の人も安心して使えます。

ニキビ薬と医薬部外品

ニキビ薬は、現在あるニキビの炎症を抑え、ピーリングによって毛穴に角栓がつまりにくくしてくれます。

ただニキビケアは、ずっと続けていかなくてはいけないもの。自宅でニキビをケアしてゆくなら医薬部外品の薬用化粧品をお勧めします。

医薬部外品というのは、薬の有効成分が配合されていますが「効果が緩やか」な化粧品のことで、薬と化粧品の中間に位置しています。すこしずつ穏やかに効いていくので、ニキビを治したい私たちの毎日のケアに向いています。

医薬部外品のNOVは臨床皮膚医学に基づいて処方されており、皮膚科にも置いてある化粧品です。
もともとは医師の「もっと安心して使えるものを」というリクエストで作られているので、ニキビの治療中の人や敏感肌の人も心配せずに使用できる化粧品です。

ノブ ACアクティブトライアルセット